Main Image
Q&A
Q&A コーナー

ペット用のシャンプーって臭いから人間用の物を使っていたのですが、人間用はよくないのでしょうか?

「人間用が良くない」という訳ではありませんが、“人”に「害」はなくても“ペット”
には「害(副反応)」が出てしまう成分もありますのでご注意下さい。
例えば、アロマなどでもよく使われ抗菌作用に優れている「ティーツリー油」は、FDA(アメリカの食品医薬品局のデータベース)において、皮膚から吸収された結果、皮膚のうっ血・痒みなどの副反応が起きたという報告が出ています。
『うちの子のお医者さん』では、麻布大学獣医学部 阪口教授ご協力のもと、この様な有害データを徹底的に調べておりますので安心してお使い頂けます。

ダックスを飼っています。トリミングから帰ってくるとやたらと“掻く”ような気がしますが、シャンプーが合わないのでしょうか?

ご使用のシャンプーが分からないので何とも言えませんが、最近、ペットもストレス社会なのか・・・“人”同様、アトピーなどの皮膚疾患までいかない「未病」状態のわんちゃんも多いそうです。
“人”と同じく、刺激の少ない洗浄剤で洗ってあげると同時に、セラミドやトレハロースなどの保湿成分で素肌をいたわってあげることが大切かと思います。

猫をシャンプーする時のコツはありますか?

猫ちゃんの場合、“水嫌い”の子が多いので、洗面器などにぬるま湯をはって、足元から少しずつ濡らしながら洗ってあげると良いかと思います。
わんちゃんと違って、毛づくろいをするので汚れにくい分、シャンプー慣れするのは難しいかと思いますが、徐々にならすつもりで定期的にシャンプーをされては如何でしょうか。

他のシャンプーとの違いは何ですか?

犬&猫にとって有害とされる報告のあった成分をきちんと調べ、配合を控えた点です。又、雑貨扱いのペットシャンプーですが、配合成分全てにこだわり、“人間用”として、配合されている成分のみで処方した点も特徴です。